丹後半島をより楽しむために、カニ・海の幸・海水浴場・ 天然温泉・宿泊施設などの情報をご紹介

tangoonsen.jpg

【間人温泉郷】 丹後町
微かに塩味を感じる、無色透明の温泉。はしうど荘では外湯としても利用でき“立岩”を眺めながら入浴できます。神経痛、筋肉痛、関節痛などに効能があり、日焼けした肌にもやさしいのが特徴です。

kotobiki.jpg

【丹後琴引温泉】 網野町
旅館うね嶋が単独で所有している温泉で、昨年オープンした新館のわく庵では男女別の露天風呂も完備しています。泉温が57℃の高温で、神経痛・筋肉痛・関節痛などに効能があります。お肌を美しくするとも言われています。

kidu.jpg

【木津温泉】網野町
奈良時代の僧侶「行基(ぎょうき)」が、傷を癒しているシラサギを見たことで発見したと いわれる京都府最古の温泉。この辺は湯脈が多く、あちこちで湯気があがっていることもあります。300円で入れる大衆浴場もあります。皮膚病に効果があります。

kanno1.jpg

【神野温泉】久美浜町
露天風呂がとても大きい温泉。外を覗くと山陰海岸国立公園の広い庭に綺麗な松林が広がっています。日本海が近いので浜風が心地よく吹いています。外湯としてもご利用できます。

kumihama.jpg

【久美の浜温泉郷】久美浜町
無色透明で無味無臭の温泉。お肌がツルツルになる弱アルカリ性単純泉で女性客に評判の良い温泉です。神経痛・冷え症・疲労回復に効果があります。

kouturu.jpg

【鴻の鶴温泉】 丹後町
お肌がすべすべになるアルカリ性の温泉。石けんを使うのと同じ効果があるとされ美人の湯.美肌の湯とも呼ばれています。日本海の見える展望風呂や景色の綺麗な露天風呂などがあります。

hachiyu.jpg

【八丁浜小浜温泉】網野町
北近畿で初めて療養泉に認定された温泉。保温効果がよく湯冷めのしにくい塩化物泉で微かに塩味がします。飲用することにより慢性消化器病、慢性便秘に効果があるとされています。高温・高濃度の良質泉です。

yuhigaura.jpg

【夕日ヶ浦温泉】網野町
無色透明で無味無臭の温泉。しっとりと肌にやさしい弱アルカリ性の温泉で「美人の湯」と言われています。温泉付のお部屋があるお宿や砂風呂などがあるお宿もあります。

kirara.jpg

【小天橋温泉きららの湯】久美浜
療養泉に認定された温泉。2001年に久美浜のお宿が協同で掘り当てました。海水に似た食塩を含む温泉で、皮膚に塩分が付着して汗の蒸発を防ぐため、保温効果があり体が良く暖まります。

seaside.jpg

【シーサイド温泉】久美浜町
久美浜湾に面したとても眺めのいい温泉。男女別に2種類の露天風呂と大浴場が楽しめ、牡蠣棚の並ぶ水面と対岸のゴルフコースが一望できます。間近に広がる海を眺めながらの入浴は情緒満点です。